2010年08月14日

「嫁も姑も皆幽霊」公演写真・1

前作の公演写真が届きました!
順番にUPしていきます(^^)

その前に、ストーリーをもう一度御紹介(^^)

*********************************************

4代続いた和菓子屋の若旦那・水澤圭輔は、新進気鋭の恋愛小説家

2年前に妻を亡くし、今は、18歳も若い妻をもらって有頂天。

家業にも執筆活動にもまったく身が入らず、周りのみんなからも呆れ果てられる始末。

そんなある夏の日の昼下がり、圭輔と新妻・真衣の前に、亡くなった先妻・克子が

「うらめしやぁ〜」と現れた。

そればかりか、亡くなった母・梅子、克子の弟・優、果ては、ご近所さんの幽霊までが

次々に現れたから、さあ大変!!

やがて、克子たちがこの世にやって来た本当の理由が明らかに・・・。

母と息子、夫と妻、嫁と姑・・・。ふれあい豊かな下町を舞台に繰り広げられる、

笑って泣けるヒューマンコメディーです。


****************************************************

町内の皆さんが水澤家に集まって、
お墓をつぶしてマンションを建てようとしている観道和尚のことを
なんとかしようと相談中のシーンから幕が開きます。

一枚目は、圭輔に用事があって偶然訪れた、編集者の尾崎さん登場シーン。

観道和尚の横暴を記事にしてくれるために来てくれたと勘違いして歓迎する皆さん。
写真 411 (3).jpg

2.jpg

「新婚でいいわね〜」と帰ってきた真衣さんをからかう町内の皆さん。
深刻な会議も脱線中。
リーダーの三木さん、一人憮然としています。

写真 431 (2).jpg


ここで、相談中に観道和尚がついにブルドーザーを墓に乗り入れていると報告が!
圭輔と、若奥さんの真衣(ペアルックのお二人(^^))、和菓子職人の源造を残し、
一同、慌てて現場に急行します!


**************************************


posted by 広報 at 21:56| Comment(0) | 公演作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。